ブログトップ | ログイン

littlewomen

りとるういめん


by littlewomen

寧楽(なら)ガラス。

d0153555_19144133.jpg
寧楽(なら)ガラス

当工房のガラス玉「寧楽ガラス」は職人が作る
「蜻蛉玉」の一種です。

寧楽(なら)とは“やすらかに楽しむ”という意であり、
“平和の都”を指します。

諸説では「奈良」のことであると言われており、
どこまでも優しく広がる古都奈良の空を表現した
ガラス玉を総称「寧楽(なら)ガラス」と呼びます。

美しく幻想的・神秘的に輝く「寧楽ガラス」は
手間暇かけ作られたガラス粉をかけることで独特の輝きが
生み出されます。

「寧楽ガラス」は“職人の業”でしか扱えない特殊な
バーナーで1つ1つ職人が手作りします。

火の加減、当て方、感覚、視覚など「寧楽ガラス」の製作は全てが
必要とされ、機械では作れず、大量に生産できるガラス商品ではありません。

今ではとても貴重で希少価値のあるガラス製品となり、
初めて観た方はその幻想的で不思議な魅力を持つ美しい輝きに圧倒されます。

神秘的・幻想的な深い青     = 寧楽宇宙(ならそら)
咲き誇る桜の舞を彩る白赤    = 寧楽櫻(ならざくら)


ガラス工芸職人 堀部伸也







寧楽ガラスを作れる職人は数少なく
奈良では堀部さんお一人です。









この寧楽ガラスはとても
希少価値の高い“とんぼ玉”です。







というのが とんぼ玉の秘密でした。





















こちらのネックレス 
リトにてお買い求め頂けます。
by littlewomen | 2013-02-21 20:50 | shop | Comments(0)